【1年間に12万8千頭を超える犬・猫が処分されています】 

顔2 

そのうち約半数が、まだ離乳さえしていない子猫や子犬です!!


顔3




飼い主の元に戻った・・・約9% 
里親が見つかった・・・・約19% 





顔1 

迷ったり、捨てられたり、保護されたペットに責任はありません!
小さな命を救うために、一人一人が出来ることを、少しづつするしかないんです!! 


※環境省 平成25年データを基にし、%は小数点以下切り捨てで算出

『78円の命プロジェクト』活動報告(2)

ヤクモン極々小ヤクモンです。

以前に、このブログの「一周年の記事」の中で、 78円の命プロジェクト』についてご報告させていただたことがあるのですが、覚えておいででしょうか?

「小学6年生の少女が動物殺処分について 真正面から向き合った作文を絵本化したい!」との思いから立ち上げられたプロジェクトでした。
※ 詳しくは、下線の部分がリンクになっているので、そちらからどうぞ。 


プロジェクトの目玉である「絵本」がようやく完成し、私の手元に届けられました。

78円の命



同封されていた挨拶状の一部を、抜粋して掲載させていただきます。

**************************************************************************

昨年の夏にこの作品と出会ってから今日まで、
様々なドラマがありました。
偶然と偶然が重なって、プロジェクトメンバーの3人が集まり、
そのつながりからサポートメンバーの皆様に入っていただき、
どんどん大きなプロジェクトになっていきました。

最終的には、クラウドファンディングで500名以上の方々にご支援をいただくことができ、
テレビや新聞、雑誌などで取り上げていただく機会も増えました。
こんなにたくさんの方々に知っていただくことが出来たのも、
ご支援いただいた皆様のおかげです。
本当にありがとうございました。

そして、今日無事に絵本を完成させることが出来ました。
絵本を作っていくうえで私たちが大切にしてきたのは、
「これから先、何年も何十年も読まれ、愛される作品になってほしい」と言う想いでした。
一回読んで飽きて捨てられるものではなく、読んで考えて、そして語り継がれてほしい。
ずーっと家の本棚に大切に置かれる、そんな作品になってほしいと思って、
時間をかけて大切に作ってきました。

作品の内容はとてもシビアで難しく、決して面白く笑えるようなお話ではありません。
けれど、もう一度読み返したくなるような作品として仕上がっているはずです。
この作品が多くの人にとって、
「命」についてもう一度考えるきっかけになってほしいと思っています。

たくさんの人たちの想いが詰まった作品。
大切に読んで頂けたら嬉しいです。

2016年6月28日
78円の命プロジェクトメンバーより

78円の命プロジェクトマーク200


**************************************************************************


絵本が完成後、一般に販売するのか最後まではっきりしなかったようですが、どうやら販売することになったみたいです。
「78円の命プロジェクト」サイトの、こちらのページから購入できるそうですよ。
※ https://78yenproject.theshop.jp/items/3347752

絵本の内容をアップすることは、著作権に触れるので出来ませんが、基になった作文は読むことが出来ます。
以前は、「78円の命プロジェクト」サイトにアクセスしてお読みくださいと、突き放した感じになっていましたが、一人でも多くの人に読んで頂きたいと思って、今回は全文を「追記」に転載することにいたしました。
興味関心のある方は、【続きを読む】をクリックしてください。

#猫バンバンアニメ最後までお読みいただき
有難うございます。
ランキングに参加してい
ます。
もしよろしければ
ポチッとしてください。
とても励みになります。
(=^ェ^=)

にほんブログ村 猫ブログ 元野良猫・元保護猫へ






by NISSAN

『78円の命』

第41回 豊橋市小中学生 話し方大会 最優秀賞作品
小学6年生 谷山千華さん


近所に捨てネコがいる。
そのネコは目がくりっとしていて、しっぽがくるっと曲がっている。
かわいい声をあげていつも私についてくる。

真っ黒なネコだったので、魔女の宅急便から『キキ』と勝手に名付けてかわいがった。
人なつっこい性格からいつの間にか近所の人気者になっていった。

子ネコだったキキも2年たった頃にうれしい出来事があった。
赤ちゃんを産んだのだ。
でもキキは捨てネコだったので、行き場所のない子ネコたちを近所の鈴木さんが預かってくれた。
毎日のように子ネコを見に行って、まるで自分の飼いネコのようにかわいがった。

ある日、突然子ネコの姿が見えなくなった。
そこで鈴木さんに尋ねてみると、「○○センターに連れて行ったよ」と、うつむきながら言った。

私はうまく聞き取れず、何を言っているか分からなかったが、
たぶん新しい飼い主が見つかる所に連れて行って幸せに暮らせるんだなと思った。

次の日、学校でこのことを友達に話したら「保健所だろ?それ殺されちゃうよ」といった。
私はむきになって言い返した。「そんなはずない。絶対幸せになってるよ」

殺されちゃうという言葉がみょうに心にひっかかり、授業中も保健所の事で頭がいっぱいだった。
走って家に帰ると、急いでパソコンの前に座った。

『保健所』で検索するとそこには想像もできないざんこくなことがたくさんのっていた。
飼い主から見捨てられた動物は日付ごとにおりに入れられ、そこで3日の間、飼い主をひたすら待ち続けるのだ。
そして飼い主が見つからなかった時には、死が待っている。
10匹単位で小さな穴に押し込められ、二酸化炭素が送り込まれる。
数分もがき、苦しみ、死んだ後はごみのようにすぐに焼かれてしまうのだ。

動物の処分1匹につき78円。
動物の命の価値がたったの78円でしかないように思えて胸が張りさけそうになった。
そして、とても怖くなった。
残念ながら、友達の話は本当だった。調べなければ良かったと後悔した。

現実には年間20万匹以上の動物がこんなにも悲しい運命にある事を知り、さらに大きなショックを受けた。
動物とはいえ、人間がかけがえのない命を勝手にうばってしまってもいいのだろうか。
もちろん人間にも、どうしても動物を育てられない理由があるのは分かっている。
一体どうすればいいのか分からなくなった。

キキがずっと鳴いている。大きな声で鳴いている。
いなくなった赤ちゃんを探しているのだろうか。
鳴き叫ぶその声を聞くたびに、パソコンで見た映像が頭に浮かび、
いてもたってもいられなくなり眠れない夜が続いた。

キキのかわいい声もいつの間にかガラガラ声に変わり、切なくなった。
言葉が分かるなら話をしたい。私はキキをぎゅっと抱きしめた。

最近キキの姿を見かけなくなった。
もしかしてキキも保健所に連れて行かれたのかと一瞬ひやっとした。

それから1週間後、おなかに包帯を巻いたキキを見かけた。
鈴木さんがこれから赤ちゃんを産めない体に手術をしてくれたのだ。
私は心から感謝した。
この先キキも赤ちゃんも捨てられずにすむという安心した気持ちと、
鈴木さん家のネコになってしまったんだというさみしい気持ちとで複雑だった。
正直、とてもうらやましかった。

命を守るのは私が考えるほど簡単なことではない。かわいいと思うだけでは動物は育てられない。
生き物を飼うということは1つの命にきちんと責任を持つことだ。
おもちゃのように捨ててはいけない。
だから、ちゃんと最期まで育ててやれるという自信がなければ飼ってはいけない事を学んだ。

今も近所には何匹かの捨てネコがいる。
私はこのネコたちをかわいがってもいいのかどうか、ずっと悩んでいる

#猫バンバンアニメ最後までお読みいただき
有難うございます。
ランキングに参加してい
ます。
もしよろしければ
ポチッとしてください。
とても励みになります。
(=^ェ^=)

にほんブログ村 猫ブログ 元野良猫・元保護猫へ





by NISSAN

テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ヤクモンさん、こんにちは!
いつもありがとうございます。

ヤクモンさん、まる。さんからコメント頂きましたよ。
嬉しいです。
ありがとうございました。
私もこれから訪問させて頂く楽しみがふえました。


あ〜(T-T)
私、これを読むと胸がつまるんですよ。
何度読んでも胸がいっぱいになります…
最後の少女の言葉が頭からはなれません。
でもこの本は買いたいと思います。

絵本になったことが嬉しいです。
多くの子供さん達に、この素晴らしい絵本を読んでもらえますように (#^.^#)

ヤクモンさん
紹介して頂きありがとうございました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

oharumamaさんへ。

> ヤクモンさん、こんにちは!
> いつもありがとうございます。

こちらこそいつもコメント有難うございます🎶

> ヤクモンさん、まる。さんからコメント頂きましたよ。
> 嬉しいです。
> ありがとうございました。
> 私もこれから訪問させて頂く楽しみがふえました。

気に入っていただけて、私も紹介した甲斐がありました(⌒・⌒)ニコニコ

> あ〜(T-T)
> 私、これを読むと胸がつまるんですよ。
> 何度読んでも胸がいっぱいになります…
> 最後の少女の言葉が頭からはなれません。
> でもこの本は買いたいと思います。


最後の言葉は特に印象的ですね。
語調を強めることなく、淡々と述べられているところが、
かえって、社会や大人に対する小学生の純粋な叫びに聞こえて、
胸にずきんと突き刺さりますね。

> 絵本になったことが嬉しいです。
> 多くの子供さん達に、この素晴らしい絵本を読んでもらえますように (#^.^#)
>
> ヤクモンさん
> 紹介して頂きありがとうございました。

子供たちはもちろん、大人たちにも読んでほしいと、切に願っています。

Re: No title

鍵コメさんへ。
こちらまで、コメントいただき、有難うございます。

無理をなさらずに、少しづつ回復なさることを祈っています。
またお邪魔させていただきますね。

No title

読み聞かせを初めて18年。
楽しいお話しだけでなく、生命のことなど
大切なテーマの作品も、しっかり紹介しています。
早速、購入させていただきました。
いろんな世代のかたにも、知っていただきたいなと
考えています。
ご紹介ありがとうございました!

oharumamaさんとのご縁も、ありがとうございました(*´∀`*)

Re: No title

まる。さんへ。
いつもコメント有難うございます🎶

> 読み聞かせを初めて18年。
> 楽しいお話しだけでなく、生命のことなど
> 大切なテーマの作品も、しっかり紹介しています。
> 早速、購入させていただきました。
> いろんな世代のかたにも、知っていただきたいなと
> 考えています。
> ご紹介ありがとうございました!

そう言う活動をなさっている方に、取り上げていただければ、本当にありがたいです。

この世の中から、捨て猫、野良猫(もちろん、問題は猫だけではありませんが)をなくすためには、地道で長い道のりが必要だと思います。

「一人の純真な少女の叫び」を、一人でも多くの人に知ってもらいたいものです。

> oharumamaさんとのご縁も、ありがとうございました(*´∀`*)

「余計なお世話かな?」とも思いましたが、
そう言っていただけると嬉しいです(⌒・⌒)

No title

絵本届きました!
泣いて泣いて読めるか心配ですが(;_;)
しっかり届けられるよう頑張ります。

ブログで紹介させていただきますので
リンクさせていただきます。
よろしくお願い致します。

Re: No title

まる。さんへ。
いつもコメント有難うございます🎶

> 絵本届きました!
> 泣いて泣いて読めるか心配ですが(;_;)
> しっかり届けられるよう頑張ります。

特に最後の一行は胸にグサッと突き刺さります。
子供にあんな思いをさせる大人って何なのでしょうね。

たくさんの方に伝える活動、頑張ってくださいね。
応援してますよ~

> ブログで紹介させていただきますので
> リンクさせていただきます。
> よろしくお願い致します。

お気遣いありがとうございます。
リンクでも何でもどうぞ。
こちらこそ宜しく。
いつでも里親募集中
いつでも里親募集中
Twitter
読んでほしい絵本
ペットショップにいくまえに180
My Blog 3
再生キャベツ200
カテゴリ
最新記事
スポンサード リンク
最新コメント
スポンサード リンク
お願い 忘れないで!
いまだに消息が分かりません 引き続きご協力お願いいたします。
【アンジュちゃん連れ去り事件】 アンジュ2 ※ 詳しくは「ビビ&コロン動物たちの日常」まで
小さな命を守り隊
JSPCA180
公益財団法人
日本動物愛護協会
アクセスカウンター
ブログランキング表
ブログランキング
ランキング参加してます
動画一覧

全ての動画は、下記のリストからご覧いただけます。
【動画一覧】
リンクになってます。
このブログについて
初めての方はここからどうぞ(^^♪
♡♡エリンのお気に入り♡

サイエンスダイエット ヘアボールコントロール ライト チキン 肥満傾向の成猫用 1.8kg


ピュリナ ワン キャット 下部尿路の健康維持 1-10歳チキン 2.2kg


ねこ元気 複数ねこ用 お魚とお肉のスペシャルブレンドまぐろ・かつお・白身魚・チキン入り 3.0kg


モンプチ リュクスバッグ 美味しく毛玉をケア 600g

My Blog 2
プロフィール用トマト ひょんなことからブログ「家庭菜園で野菜を作るんじゃ!」 を始めちゃいました。興味のある方もない方も、タイトルがリンクになっているので、ポチッとして遊びに来てね^ ^♪
プロフィール
ヤクモン極小
Author:小泉ヤクモン
変猫エリンの飼い主

エリン極小
変猫エリン
「人間で言えば70歳を超えている」なんてことを言う、いやな人もいるけど、花も恥じらう16歳の乙女♡

since 2015.3.28
よく見るブログ・サイト
このブログはリンクフリーです。 お気に入りとして勝手にリンクさせて戴くことも御座います。 あらかじめご容赦を願っておきます。
小さな命を救い隊
ペットの保護活動をしているブログの紹介 (五十音順)
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示