【1年間に12万8千頭を超える犬・猫が処分されています】 

顔2 

そのうち約半数が、まだ離乳さえしていない子猫や子犬です!!


顔3




飼い主の元に戻った・・・約9% 
里親が見つかった・・・・約19% 





顔1 

迷ったり、捨てられたり、保護されたペットに責任はありません!
小さな命を救うために、一人一人が出来ることを、少しづつするしかないんです!! 


※環境省 平成25年データを基にし、%は小数点以下切り捨てで算出

変猫エリンの名前の由来🐾

自慢の渦巻き  [自慢の渦巻き模様?]


「いよいよ、何でエリンって名前になったか教えてもらえるのね。楽しみニャン。」

「その前に確かめておきたいことがあるんだけど、いいかな。」

「ニャによヤクモン。もったいぶるわね。」

「自分のことをアメリカンショートヘアだって紹介してたけど…」

「そうよ。だって正真正銘のアメショーだもの。なんか文句でもあるのかニャ。」

確かに横腹にはアメショー独特の渦巻き模様もあるんです。
でもお世辞にもはっきりしているとも思えないんです。
ひいき目に見てハーフ、せいぜいクォーター、そんなところじゃないかと…

「何ぶつぶつ言ってんの。コマおばさんは白黒のぶちなのにニャンでコマって呼ばれたの。」

「母が駒沢クリニックの帰り道で出会った野良猫がコマだったんだ。」

「駒沢の駒から名付けたってこと。ずいぶん単純なんだニャー。」

母の話によれば、猫が後をついてくることに気付いたので何度も追い払ったそうです。
最初は、自分についてきて迷子になったら可愛そうだと考えたらしい。
よく見れば、痩せてるし、汚いし、飼いネコにはどうしても見えないので、
我が家までついてきたら餌でもあげようと軽く考えていたそうです。
結局、コマはそのまま我が家に居ついてしまいました。

「次はエリンの番だね。」 

「そう、エリンはニャンでエリンなの。」

「エリンは初めウリって呼ばれていたんだ。」

「変ニャの。ウリって植物のあれ?」

少し茶色味がかった体毛と縞模様が、ちょうどイノシシの子供のウリボウに似ていたので、ウリと名付けたんです。
ところが、しばらくして性別が判明し、「女の子にウリはかわいそう」という女房の一言で、あらためて名前を考えることにしたんです。

「良かった。いくらなんでもウリはひどいニャー。奥さんが名付け親ってことかニャ。」

実は、「ウリ、ウリ、ウリ、うーーん、エリでいいか」これまた女房の乱暴な一言で決まったんです。
その後、警戒心が強いエリを何とか懐かせようと、おだてたり、下でに出ているうちに、いつの間にか、「エリンちゃん」とか「エリン」と呼ぶようになっていたんです。
彼女も気に入っているようなので、女房が「エリン」の名付け親ということにしておこうと思います。


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、クリックしてください。
とても励みになります(^^♪ 

にほんブログ村 猫ブログ 元野良猫・元保護猫へ
にほんブログ村

元野良猫・保護猫 ブログランキングへ


テーマ : 日々あれこれ
ジャンル : 日記

変猫エリンの可愛い写真がない訳🐾

こっち向いてよ [こっち向いてよ!]


「ねえ、ねえ、ヤクモン。もう少しニャンとかならなかったの。」


「何のことだい、エリン。」

「エリンの写真のことよ。あれはどうかと思うニャー。」

どうやら、昨日の写真がお気に召さないようだ。あまり追求されると困るんだが…

「インパクトがあって、なかなかいいと思うけどな。」

「冗談でしょ。よくもブスに撮ってくれたわね。あんなにきつい目つきをした覚えニャいわ。」

私だって可愛い写真を載せたいんです。はっきり言えば、彼女が協力的でないのが最大の原因です。
とにかく写真を撮られるのが大嫌いなんです。カメラを向けただけで気配を察して身構えます。
2メートル以内で顔を背け、少しでも近づくと脱兎のごとく逃げだします。

「ではこうしよう。写真を撮るのに協力してくれたら、差し替えよう。」

「いいわよ。そのかわりちゃんと撮ってよ。約束ニャン。」

難しいです。おそらく失敗します。今までだってたくさん撮ってきたんです。
それでも、カメラ目線の写真が数えるほどしか撮れてないんです。
偶然に期待するしかありません。

「でもさ。小さい時の写真があるでしょ。とりあえずそれと差し替えてくれないかニャー。」

「うーん、あったよな。」

「あった?どういう意味かニャ。」

子猫の時の可愛い写真は確かにあったんです。寝顔ばかりだったけど、本当に可愛かったですよ。
でも、残念ながら一枚も残っていないんです。

「母が全部処分しちゃったみたいなんだ。」

「そんなの信じられニャいわ。理由がないじゃない。」

母は晩年、少しずつ惚けてきて…
家に帰れなくなったとか、食事したことを忘れて騒ぐとか、一人でトイレに行けなくなるといった、
家族に大きな迷惑をかけることはなかったけれど…
買い物中に簡単な計算ができなくて困ったとこぼしたりして、自覚症状もあったみたいなんです。

遺品整理をしてみて初めて解ったんですが、当然あるはずのものが結構なかったんです。
大切にしていた海外旅行用のスーツケースとか、喪服をはじめとした和服とか…
おそらく、捨てていいものとそうでないものの区別がつかなくなっていたんだと思います。
一番ショックだったのが家族全員のアルバムなんです。卒業アルバムも一冊残らずでした。

「そんな訳で、エリンの写真も残ってないんだ。」

「ショックだニャー。でも病気じゃ仕方がないよ。」

「ありがとう。そういってもらえるとホッとするよ。」

なにしろ、母の葬式の遺影も結局、親戚で探してもらって間に合わせたほどだったんです。
残ったのは、アルバムに収めてもらえなかった、出来の悪い写真だけだったんです。
大げさに言えば、自分の歴史が消されてしまったようでその時はかなり落胆しました。

まあ、エリンも納得してくれたみたいだし、写真は今後努力するということで…
次回こそ、コマとエリンの名前の由来のお話になりそう?です。


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、クリックしてください。
とても励みになります(^^♪ 

にほんブログ村 猫ブログ 元野良猫・元保護猫へ
にほんブログ村

元野良猫・保護猫 ブログランキングへ




テーマ : 日々あれこれ
ジャンル : 日記

変猫エリンとの出会い🐾

そんなににらむなよ!  [そんなに、にらまないでくれよ!!]


「こんにちは、ヤクモンです。今回は、エリンとの馴れ初めについてです。」

「ちょっとちょっと、馴れ初めはないんじゃニャいの。夫婦でも恋人でもないんだからさ。あっ、エリンです。」

エリンが我が家にやってきた時、生後5か月くらいの子猫でした。
昨日今日捨てられたというよりも、長いことあちらこちらを放浪した末にたどり着いた感じでした。
ガリガリに痩せていて、毛は逆立ち、薄汚れて、目ヤニで片目がほとんど塞がれていました。

「そうそう。悲しいし、淋しいし、疲れ果てていたし…」

ミャーミャー、ミャーミャーと、か細い声が家の周りで聞こえるんです。
見かねた母が餌をあげたんだけれど、近づいて来なかったそうです。

「極度の人間不信だったからニャン。」

放っておいてあげることにしたら、結局3杯完食したんです。

「お腹ペコペコで、とにかく必死だったのよ。お母さんは命の恩人ニャのだ。」

「結局、そのまま我が家に住み着いたんだけど、警戒心が完全に取れないようで、いまだに
外猫なんだよね。水臭いよなー。」


「ごめんね。頭じゃ解っているんだけれどニャ。」

餌をあげるようになってからもしばらくは、お腹がすいた時だけどこからともなく現れて、
いつの間にか姿を消してしまうという状態が続いたんです。

そんな彼女が我が家に住み着くことが出来たのには訳があるんです。
当時、うちには「コマ」という猫がいたのだけれど、このコマが彼女のことを受け入れたんです。

「コマおばさん優しかったからニャー。」

専門家じゃないから良くは解らないけれど、エリンが大人だったら、優しいコマでも自分の縄張りを守るために、彼女を受け入れたりしていなかったんじゃないでしょうか。

「ニャンで子どもだったらいいの。」

「猫の社会でも、子は宝なんだと思うよ。」

庭に面した軒下に、コマのために作った小屋があって、いつの間にか共同生活を始めていました。

「お母さんも、コマおばさんも、もう会えないんだよね。淋しいニャー。」

「コマはエリンが来て3年後か。母は一昨年だったよな… 寿命だから仕方がないんだよ。」

エリンが子供から大人になるのはあっという間のことだったけど、13年って短いようで長いんですね。その間、良いことも悪いこともいろいろあって…
エリンのこととか、コマのこととか、母や家族のことなんかを綴っていくと、
いろんなことを思い出しちゃうんでしょうね・・・年のせいかもしれません。

「ねえ、ねえ。コマおばさんのこと話してよ。何でコマっていうのよ。
そうだ。どうしてエリンはエリンニャの。」


そんなわけで、次回はコマとエリンの名前の由来のお話になりそうです。


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、クリックしてください。
とても励みになります(^^♪ 

にほんブログ村 猫ブログ 元野良猫・元保護猫へ
にほんブログ村

元野良猫・保護猫 ブログランキングへ





テーマ : 日々あれこれ
ジャンル : 日記

変猫エリンの「初めまして」🐾

「初めまして、エリンです。
13歳になる、アメリカンショートヘアの猫です。
今日から私のブログを始めることになったのでよろしくニャン。」


「なんで今更って気がするんだけど?教えてよ、ヤクモン。」

「はいはい、飼い主のヤクモンです。
酒の席でペット話で盛り上がったことがあってさ。エリンのことを話したんだ。」


「どんニャふうに。」

「15年も飼っているのにいまだに警戒心を解かない猫だってさ。」

「そんなことないよ。失礼ニャン。」

「よく言うよ。抱こうとすると、身をよじって暴れ、爪を立て、かみつき
蹴飛ばし、唸り声まであげて、まるで野獣のようになるじゃないか。」


「人聞きが悪いニャ。無理矢理に抱こうとするからでしょうに。
それで、変な猫ってタイトルにしたの!」


「長い付き合いなんだから、あれはないと思うよ。
とにかく、そんな猫いるわけないって、誰も信じてくれないわけ。
それでね、ブログで変猫ぶりを紹介することにしたんだ。」


「やめてよ!絶対に協力してあげニャいからね。」

彼女はそう言っていますが…
エリンはもともと野良猫で、我が家にたどり着くまでによほど怖い目にあったらしく、
風の音にもおびえるような女の子だったんです。

それがトラウマになっているようで・・・
まあ、そんなこともおいおいと紹介していくつもりですので、よろしく!


最後までお読みいただき有難うございます
ランキングに参加しています。
もしよろしければ、クリックしてください。
とても励みになります(^^♪ 

にほんブログ村 猫ブログ 元野良猫・元保護猫へ
にほんブログ村

元野良猫・保護猫 ブログランキングへ




テーマ : 日々あれこれ
ジャンル : 日記

いつでも里親募集中
いつでも里親募集中
Twitter
読んでほしい絵本
ペットショップにいくまえに180
My Blog 3
再生キャベツ200
カテゴリ
最新記事
スポンサード リンク
最新コメント
スポンサード リンク
お願い 忘れないで!
いまだに消息が分かりません 引き続きご協力お願いいたします。
【アンジュちゃん連れ去り事件】 アンジュ2 ※ 詳しくは「ビビ&コロン動物たちの日常」まで
小さな命を守り隊
JSPCA180
公益財団法人
日本動物愛護協会
アクセスカウンター
ブログランキング表
ブログランキング
ランキング参加してます
動画一覧

全ての動画は、下記のリストからご覧いただけます。
【動画一覧】
リンクになってます。
このブログについて
初めての方はここからどうぞ(^^♪
♡♡エリンのお気に入り♡

サイエンスダイエット ヘアボールコントロール ライト チキン 肥満傾向の成猫用 1.8kg


ピュリナ ワン キャット 下部尿路の健康維持 1-10歳チキン 2.2kg


ねこ元気 複数ねこ用 お魚とお肉のスペシャルブレンドまぐろ・かつお・白身魚・チキン入り 3.0kg


モンプチ リュクスバッグ 美味しく毛玉をケア 600g

My Blog 2
プロフィール用トマト ひょんなことからブログ「家庭菜園で野菜を作るんじゃ!」 を始めちゃいました。興味のある方もない方も、タイトルがリンクになっているので、ポチッとして遊びに来てね^ ^♪
プロフィール
ヤクモン極小
Author:小泉ヤクモン
変猫エリンの飼い主

エリン極小
変猫エリン
「人間で言えば70歳を超えている」なんてことを言う、いやな人もいるけど、花も恥じらう16歳の乙女♡

since 2015.3.28
よく見るブログ・サイト
このブログはリンクフリーです。 お気に入りとして勝手にリンクさせて戴くことも御座います。 あらかじめご容赦を願っておきます。
小さな命を救い隊
ペットの保護活動をしているブログの紹介 (五十音順)
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示